大滝詠一「Debut Again」を聴いて

   

大滝詠一、32年ぶりのニューアルバム。

単なるデモ音源集かと思いきや、口上通り「ニューアルバム」と言って差し支えない素晴らしいアルバムに仕上がっていました。特に、ラッツ&スターの「星空のサーカス」の歌唱は本当に素晴らしい。バックボーカルも本人によるもので、これもすこぶる楽しい。この1曲だけでも買いでしょう。ボーカリストとしては、1983年あたりがピークだったのだと改めて思いました。

「夢で逢えたら(String Mix)」は既出音源ですが、私は初めて聴きました。チェンバロとストリングスの薄いオケなので、ボーカルの録音状態が生々しく分かり興味深い音源ですね。前半部分はパンチインの跡がクッキリと分かります。

何と、3/21現在、Amazonのチャートで1位です。

 - music